シェアリングエコノミーの活用法 スキルのシェア


 

必要なときに手軽に助けてもらえ新たな収入を生み出す機会も増える

 

スキルのシェアは、空いた時間に家事・育児を手伝ったり、IT関連などの専門性の高い仕事を請け負うなど、自分が得意なことを提供して利用してもらうサービスです。

 

スキルの提供者と利用者を結ぶプラットフォームを介して、副業やフリーランスなど、雇用によらない柔軟な働き方ができます。

 

プラットフォーム事業者は、ニーズのマッチングと、提供者と利用者の情報交換、トラブルのない簡単な決済、レビューなどの評価の場を提供しています。

 

これらの機能により、個人の能力や提供可能な時間帯などの情報を、リアルタイムに不特定の人で共有することが可能になりました。

 

育休中の女性やリタイアメント層も市場参加して働き、稼ぐことが可能に

 

スキルを提供する側になれば、自分が得意なことや知識、経験を活かして収入を得ることができます。

 

お金や時間をかけなくても、簡単に自分を売り出すことが可能になったことがメリットです。

 

利用する側は比較的割安な価格で、家事や子育てを助けてもらえます。

 

学びの機会がえられ、仕事の助けがえられるなどのメリットがあります。

 

例えば、通常のベビーシッターサービスは1時間1,500円で高いと思っていた人が、AsMama(アズママ)の「子育てシェア」に登録して助け合うと1時間500円〜の謝礼で済むなど、負担が小さくなる分、気軽に利用できるようになります。

 

スキルのシェアを行っているアプリやサイトには、クラウドソーシング、家事代行、おけいこ事や学びの提供、ペットシッター、ベビーシッター、観光ガイドといった様々な種類があります。

 

仕事を依頼したい企業と仕事をしたい個人とのマッチングを行うプラットフォーム「Lancers」(ランサーズ)があります。

 

「Lancers」メインの利用者はライター、エンジニア、デザイナーなどのクリエイティブ係ですが、最近、アシスタントサービスをリリースしたことから、オンラインでの秘書・広報・マーケティング・影響サポートのような仕事も増えました。

 

2008年にサービスをスタートして以来、2011年の東日本大震災を機に、時間や場所にとらわれずに働くことが注目され、2016年からは働き方改革の追い風で急激に利用者が増加しています。

 

これまでの依頼件数は210万件で、WEB制作、システム開発、デザインをはじめ、ライティング、単純タスクなど、141カテゴリの仕事がやりとりされています。

 

自分ができそうな仕事を受注すれば、新たな収入を得ることができます。

 

専門的なスキルがある人が最初に仕事を始めるのにおすすめなのは「Laners」、ニーズがあるスキルで継続的に仕事をしたいなら「Crowd Works」がおすすめです。

 

いちばんポピュラーで始めやすいのは「coconala」(ココナラ)ココナラハンドメイドで作品を探す、ビジネスで培った経験を活かせる「ビザスク」など様々あります。

 

スキルのシェアは、雇用によらない働き方の選択肢の1つです。

 

育休中などに在宅で働きたい人には特に向いています。

 

仕事の対価は高くなくても、社会に参加している意識が持て、仕事へのモチベーションが高まり、本格的な仕事復帰に役立つことも多くなります。

 

会社員が副業として働く場合は、「週に何時間」「月に何日」などと時間や日数を決めて取り組みといいかもしれません。

 

これまで会社と雇用関係を結んで働くことが難しかった人たちが、シェアリングエコノミーを通して労働市場に参加し、稼ぐことが可能になります。

 

 

家事・育児のシェアでつながり、地域のコミュニティ形成も促す

 

共働き家庭が増えている中で、スキルのシェアとしてニーズが高いのは、家事代行や子どもの育児ケアの分野でしょう。

 

子育てのスキルと時間をシェアする「AsMama」の主な利用者は子育て中の女性です。

 

「子育てシェア」システムは2013年にリリースされ、登録者数は累計で5万9,057人(2018年10月時点)

 

このサービスは顔見知りで助け合う仕組みが利用者の安心感につながっています。

 

有資格者がケアをする高額なベビーシッターサービスでも、知らない人に預けられるのは、子どもにとっては精神的な負担になります。

 

AsMamaは顔見知りのママ友や、近所のお宅に預かってもらうので、子どものストレスを減らせます。

 

1人っ子が近所で兄弟がいる家庭に預かってもらって、知っている友達に遊んでもらうこともできます。

 

AsMamaでは、登録者は子どもを預ける側にも預かる側にもなれます。

 

認定の「ママサポ」になると、1時間600〜700円の謝礼が受け取れます。

 

ほかにも、教える、学ぶをマッチングさせるサービスや、みんなの知識・スキル・経験を売り買いできるサービスなど、多くのサイトやアプリでスキルのシェアができます。

 

手作り・クラフト作品などの売買が楽しめるハンドメイドマーケット「minne」(ミンネ)では、全国の47万人の作家が手作り品を販売していて人気があります。

 

個性のある1点モノへのニーズも根強くあります。

 

スキルのシェアであれば、障害者や高齢者、働く時間や場所に制約がある人でも稼ぐことが可能になります。

 

家事や育児、介護などのサービスを低価格で利用しやすくなれば、空いた時間に自分のスキルを提供して、収入を得る機会が増えます。

 

※確定申告が必要になる所得と税金についても確認を

 

シェアビジネスなどで一定額以上の所得があると、確定申告が必要になります。

 

会社員は、給与以外の所得が年間20万円を超える人、フリーランスや専業主婦などは経費を除いた所得から所得控除を引いても税額が出る人です。

 

本業以外の講演料や原稿料、イラスト料などは「雑所得」になり、家事代行や子どものケアなどで得た収入は、雇用関係があれば「給与所得」、それ以外は「事業所得」もしくは「雑所得」になります。

 

スペースシェアの収入はケースにより事業所得か、雑所得かなど異なるので税理士に確認したほうがいいでしょう。

 

いずれも年間で稼いだ収入から、その収入を得るためにかかった経費を除く所得を合算し、所得控除を差し引いた課税所得が所得税・住民税の対象になります。

 

会社員で住宅ローン控除や医療費控除などの申告をする人は、副業所得が20万円以下でも申告が必要になります。

 

スキルのシェアを提供するプラットフォームの例

 

Lancers(ランサーズ)
:「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」がネット上で出会える国内最大級のクラウドソーシングサービス。

仕事の種類は141カテゴリあり、Web制作、デザイン、ライティングなど、多種多様な仕事がある。

18歳以上なら、無料で会員登録して仕事を受注することが可能。

報酬は、案件によってまちまち。登録料や月会費などはなし。

仕事が成立したときに、クライアントが払う報酬からシステム利用手数料として報酬金額の5〜20%が引かれる仕組み。

 

AsMama(アズママ
:子どもの送迎や託児を顔見知り同士で助け合うアプリ「子育てシェア」を提供する。

各地域の認定サポーター「ママサポ」を中心に交流イベントでつながりをつくり、子育てをはじめとした地域の困り事を解決しようという取り組みを行っている。

登録料、手数料は無料。登録して友達を誘い「シェア友」をつくる。

子育てで困ったときに「シェア友」にお願いを一斉配信し、支援できる人に頼み、謝礼を1時間500〜700払う。

万一のときは全支援者に保険を適用。保険料はAsMamaが負担。

 

ストアカ
:教えたい人と学びたい人をつなぐ、まなびのマーケット。

ビジネススキルから趣味の習い事まで、170以上のジャンルのまなびを1回から検索・予約ができる。

誰でも気軽に先生になれる。2万3,000講座を掲載中。登録生徒数は約24万人。

登録料は無料。受講料は講座情報に表記されている。生徒は受けたい講座を予約して事前決済し、先生は生徒からの予約を確認。

サービス内メッセージでコミュニケーションもとれる。受講後は講座のレビューを投稿。

 

coconala(ココナラ)【ココナラハンドメイド】

:みんなの知識・スキル・経験を売り買いできるフリーマーケット。得意なサービスを出品し、サービスを買いたい人と結びつける。

恋愛相談、占い、キャッチコピーやロゴの作成など、サービスは22種類、出品数は20万件以上。

登録は無料。スキルを提供したい人はサービスを出品し、受注・サービス提供後、代金が受け取れる。

スキルを買いたい人は、欲しいサービスを探して購入。トークルームでメッセージが送れる。

サービスのやりとりはオンラインのみで、1対1の非公開。

 




ビザスク
:日本最大級のスポットコンサルマッチングサイト。

様々なビジネス領域の経験者に、1時間から電話、対面、オンラインでインタビューできる。

アドバイザー、依頼者の登録者は7万人超、1時間当たりの平均謝礼は1万5,000円。

アドバイザー登録は無料。経験を登録し、依頼メッセージが届くと、事前相談のうえスポットコンサルを行い、謝礼を受け取る。

依頼者も登録は無料。Web上でアドバイザーを募集・検索してスポットコンサルを依頼し、謝礼を支払う。

 

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です