行動ファイナンスを理解して家計をスマートに!? 生命保険編


 

「高まるリスク」に備える方法は保険だけではない

 

保険の宣伝文句に「高まる病気のリスクに保険で備えましょう」というフレーズがよく出てきます。

 

多くの人はこのフレーズを何の疑いもなくごく当たり前のことと思い、医療保険に入ります。

 

でもよく考えるとこのフレーズは極めて大きな矛盾をはらんでいることがわかります。

 

なぜならそもそも“高まるリスク”に保険は向いていないからです。

 

保険の本質は「①めったに起こらないこと」でも、「②もし起こったら、とても自分の蓄えでは賄えないこと」、そして「③それがいつ起こるかわからないこと」の3つに備えるものだからです。

 

例えば自動車保険を考えてみます。

 

運転していて死亡事故を起こすなどということはめったに起きません。

 

でももしそうなったら何億円もの賠償金が発生する可能性もありますが、それを自分で払うことは不可能です。

 

だから運転する人は自動車保険に入らなければいけないのです。

 

最も大切なキーワードは「めったに起こらないこと」です。

 

めったに起きないことだからこそ、安い保険料で対人無制限の補償が受けられるのです。

 

だどすれば“高まるリスクに保険で備える”というのは大いなる矛盾です。

 

なぜならリスクが高まるということはやはり“保険料が高くなる”ことにならざるを得ないからです。

 

そもそも病気にかかったり入院しても大半は公的な医療保険で保障されます。

 

さらに「高額療養制度」によって自己負担分は限られています。

 

であるならば医療保険に入らず、その分は貯蓄しておいて、必要になればそのお金をおろせばいいだけのことです。

 

 

金融商品は冷静に論理的に考えよう

 

ではなぜ、多くの人が民間医療保険に入っているのでしょうか。

 

その答えは「ヒューリスティック」と「メンタルアカウンティング(心の会計)」にあります。

 

ヒューリスティックはこの場合、「リスク=保険で対応する」という発想から「高まるリスクに保険で備えましょう」という、

 

宣伝文句を何の抵抗もなく受け入れてしまうことになるのです。

 

実際、世の中は直感で判断しても問題ないことのほうが多いのですが、

 

金融商品に関しては直感が必ずしも正しいとは限りません。

 

できるだけ冷静に論理的に考えるべきです。

 

もう1つは「メンタルアカウンティング(心の会計)」と言われるもので、

 

同じお金であるのにもかかわらず自分の心の中で勝手に仕分けされてしまっている現象を言います。

 

前述のように医療に関する出費はまず公的医療機関で賄われます。

 

そのうえで足りない部分や公的医療保険ではカバーできない「差額ベッド代」、「通院のタクシー代」などを自分の貯蓄から引き出して使えばいいわけです。

 

ところが、人は自分のお金を使うことに抵抗があります。

 

貯蓄だと「貯金をおろす」と表現しますが、保険の場合は「保険がおりる」と言うように、保険ならば保険会社が支払ってくれるものだと考えるのです。

 

しかし、実際は保険会社が負担してくれているのではなく、自分が払った保険料から出ているものなのです。

 

もちろん加入して数年で入院などがあれば給付金が支払い保険料を大きく上回ることもあります。

 

しかし、将来の病気に備えるのであれば十分な準備期間があるわけで、病気以外でも使える貯蓄として備えておくことも考え方としては合理的と言えるでしょう。

 

 

メンタルアカウンティング(心の会計)とは

 

2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード·セイラーが体系立てたのが「心の会計」です。

 

人がお金に対し個別の会計ごとに管理しがちな傾向を指します。

 

預貯金があるのにもかかわらず、クレジットカードでリボ払いを利用している方もいるでしょう。

 

現時点での預貯金の金利を考えれば、リボ払いを利用したときの手数料のほうが割高です。

 

しかし、預貯金がないのは不安です。

 

そこで、預貯金を残しながら(別会計として)リボ払いを利用してしまうのです。

 

家計のアドバイスをするとき、「毎月の収入を使う前に、例えば『生活費』『娯楽費』『貯金』といった3つの封筒に分けて管理しましょう」と言ったりします。

 

このように“別々の会計”と考えることで、仮に娯楽費が不足した場合でも、生活費や貯金の封筒からお金を抜き取ることに抵抗を感じさせているのです。

 

このちょっとした抵抗感が、日々での家計の見直しには重要なのです。

 

まさに、心の会計の特徴を押さえた上手な活用例と言えるでしょう。

 

 

出所が違っても同じお金だと理解する

 

年をとると病気のリスクが高まるのは事実です。

 

問題は保険会社の医療保険で備えるのか、貯蓄で備えるのか、本人にとってどちらがふさわしいか、ということです。

 

公的医療保険制度を利用しながら、そこでカバーできない部分を自分の貯蓄で賄うという考え方が基本です。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です