株式投資の指標 PER PBR ROEとは?


NISAの普及などで株式投資が身近になり、個別株式へ投資する個人が増えてきました。

 

株式投資には株価の割安・割高を表す数値をはじめ、様々な指標があります。

 

そこで今回は、個別株式の3指標についてご紹介します。

 

PER(Price Earnings Ratio)=株価収益率

 

PERは株価の割安・割高を判断するための株価分析に広く用いられる指標で、現在の株価がEPS(Earnings Per Share=1株あたりの当期純利益)の何倍かを表しています。

 

EPSとは、企業が1年間に1株あたりいくらの純利益を稼いだかを表す指標のことです。

 

例えばA社の株価1,500円、EPS100円であれば、PERは15倍になります。

 

純利益の15倍まで買われていることになり、当初の投資金額1,500円を15年で回収できると予想することができます。

 

計算式:PER(単位/倍)=株価÷EPS(1株あたりの当期純利益)

 

※EPS=税引き後利益÷発行済株式総数

 

この計算式を使うと、A式の株価1,500、EPS100円、B社の株価2,000円、EPS100円であれば、PERは次のとおりとなります。

 

A社:株価1,500円÷EPS100円=PER15倍(予想)

B社:株価2,000円÷EPS100円=PER20倍(予想)

 

PERを比較した場合、EPSが同じ100円であれば、A社のほうが割安と判断できます。

 

ただし、PERだけで判断するのではなく、それぞれの企業の成長性を見ることも重要です。

 

次に企業の純資産を判断基準とする指標(PBR)について紹介します。

 

PBR(Price Book Value Ratio)=株価純資産倍率

 

PBRは、その企業の「純資産」から見て株価が割安か割高かを分析する指標です。

 

現在の株価がBPS(Book Value Per Share=1株当たりの純資産)の何倍かを表しています。

 

BPSは、企業の総資産から負債を差し引いた純資産を発行済み株式数で除した金額をいいます。

 

つまり、企業が解散した場合、投資した投資家の手元に残る価値がどのくらいになるのかを表しています。

 

計算式:PBR(単位/倍)=株価÷BPS(1株当たりの純資産)

※BPS=純資産÷発行済み株式総数

 

特徴としては、PBRが低いほど株価が割安と判断できます。

 

A社:株価1,500円÷1株当たりの純資産額1,666円=0.9倍

B社:株価2,000円÷1株当たりの純資産額1,000円=2倍

 

A社のように、1株当たりの純資産より株価が低い場合には、企業が保有する純資産の額より株式時価総額のほうが安いことを意味しています。

 

A社の株式に1,500円で投資し、企業が解散した場合、株主には1,666円分の資産が残るため、株主の利益は166円となります。

 

そのため、PBRが1倍以下は割安株式と判断されます。

 

一方、B社のPBR2倍は高いように思われますが、将来、BPSが増える可能性があれば、その分株価は高くなることが予想されます。

 

ROE(Return On Equity)=自己資本当期純利益率

 

ROEとは株主資本(自己資本=純資産額)を使ってどの程度の利益を上げたのかを分析する指標です。

 

経営の効率性を示す指標とも言われています。

 

計算式:ROE(%)=EPS÷BPS×100

 

自己資本は、貸借対照表において、資産の部と負債の部の差額である「純資産の部」の金額をいいます。

 

自己資本が30億円ある企業が税引き後3億円の純利益を上げた場合、その企業のROEは3億円÷30億円×100=10%となります。

 

ROEが高い企業ほど株主資本を効率よく使い、利益を上げていることになります。

 

逆にROEが低い企業は、資金をうまく使えていないことになり、経営能力が低いと判断できます。

 

RER、RBR、ROEの関係

 

ROEが高い企業の株価は上昇しやすいといわれています。

 

ROEが高くなると、株主への配当が増加する可能性が高くなるからです。

 

また、前述の式から「ROE=EPS÷BPS×100」であり、「EPS=株価÷RER」「BPS=株価÷RBR」であることから、「ROE=(株価÷PER)÷(株価÷PBR)×100」となり、「ROE=PBR÷PER×100」という式になります。

 

この式から、ROEが高くなるとPERは低くなり、株価は割安と判断され、投資家が株式を購入し株価は上昇する可能性が高くなることが予想されます。

 

ただし、自己資本が少ないという理由でROEが高くなってしまう点には注意が必要です。

 



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です