クレジットカードやネットショッピング利用でたまるポイントプログラムが進化し、「ポイント獲得活動=ポイ活」で、たくさんのポイントがたまるシーンがどんどん増えています。

 

効率良くポイントをためるワザ等をご紹介します。
※ポイントプログラムの内容などは2018年4月時点。記事中では1ポイントを1ptと表記。

 

【新ポイントためワザキーワード】

 

1 通販はポイントアッププログラムを上手に使う
楽天市場とYahoo!ショッピングはポイントアップの機会が豊富です。おトクになる条件をクリアしてポイントをためましょう。

 

2 ポイント2重・3重取りのチャンスを逃さない
「クレカ払いとポイントカードの提示」「クレカで電子マネーにチャージ」など、ポイントを2重、3重でもらえるシーンが続々増えてます。逃さずチェック!

 

3 スマホ契約でおトクになるサイトでお買い物
楽天市場なら「楽天モバイル」、Yahoo!ショッピングなら「ソフトバンク」。それぞれスマホを契約するだけで、買い物のポイントがアップします!

 

4 最もおトクな「ポイントの出口」を決めておく
同じポイント数でも、何に使うかで、その価値は変わってきます。使い勝手が良く、効率良くたまるポイントを選んで着実にためましょう。

 

おトクなポイ活テクニックを紹介

ひとつの出費から生み出せるポイントを、さらに上乗せできるテクはたくさんあります。覚えておいて損はありません。

プラスαの習慣を取り入れて、ポイ活ライフをバージョンアップさせましょう。

 

【テクニック1】ポイントサイトを使う

ネットで買い物をする際は、そのままショッピングサイトに入るのではなく、ポイントサイトを経由しましょう。

 

ポイントサイトを経由することで、ポイントサイト独自のポイントをためられます。ためたポイントは、共通ポイントやマイルに交換できるので、実質的な還元率のアップになります。

 

ポイントサイトで会員登録し、行きたいショップのバナーをクリックしてショップに飛ぶ。あとは普通に買い物するだけです。

 

ポイントサイトに目当てのショップがあるか、交換したいポイントに対応しているか、交換レートや手数料なども確認をして下さい。

 

サイト経由で買い物をするとWでポイントがもらえます。例えば、ポイントサイトを経由して楽天市場で買い物をすると、楽天のポイントとポイントサイトのポイントがもらえます。

 

サイト独自のポイントは好きな共通ポイントと交換できます。
ポイントサイトの独自ポイントは、Tポイントや楽天スーパーポイント、nanacoポイントといった共通ポイントに交換できることがあります。

 

ポイントサイトを経由すればショッピング以外でも独自ポイントがたまります。

ハピタス」は、ポイントがたまりやすいと人気のサイトです。

 

提携している通販サイトが豊富で、ポイント還元率も他のサイトより高めになっており、1pt=1円で、1ptから使うことができます。

 

げん玉」は、ゲームや資料請求、広告クリックなど、ポイントが稼げるコンテンツが豊富にあります。

ポイントは10pt=1円、3000pt以上で換金でき、サイトにためている間は1%の利息も付きます。

 

モッピー」は、アンケートやゲームも充実し、買い物をしなくてもポイントを稼げます。

サイト経由で申し込めるクレカが豊富で、1万ptもらえるものもあります。1pt=1円、300pt以上から換金可能です。

1分!無料会員登録!【すぐたま】

 

 

【テクニック2】電気・ガス料金でポイントをためる

カードで払っているなら申し込むだけで2重取り!

 

多くの電力・ガス会社が、契約コース変更を前提にしたポイントプログラムを提供しています。

例えば、東京ガスでためられるのは「パッチョポイント」という独自ポイントだが、他ポイントにも交換できます。

 

クレカ払いなら、さらにカードのポイントもためられます。毎月の料金でポイントがたまるなら使わない手はありません。

 

電気、ガス料金をクレカ払いにすればWでポイント

東京電力、東京ガスは、共に料金1000円で5pt(0.5%)がもらえます。1カ月の電気代が1万円、ガス代が6000円なら、1%ポイントが付くクレカで払うと年間で2880pt相当がたまります。

 

【テクニック3】ポイントを運用する

投資信託の「購入」でポイントを増やす方法です。
ポイントも運用で増やす時代になっています。楽天証券では、獲得した楽天スーパーポイントで投資信託を購入できます。

 

クレディセゾンでも「永久不滅ポイント」を運用するサービスを提供中です。

 

たまったポイントを投資で育ててみるのも面白いし、そもそももらったポイントなら、たとえマイナスになっても、「損」にはならない点も安心です。

 

投資に興味があるけど実際に始めるのは不安がある人や、気になる投資信託の商品をお試しで買ってみたい人にもピッタリ。

 

■楽天スーパーポイントで投資信託を選んで買う

楽天証券では、投資信託の買いつけに楽天スーパーポイントを1pt=1円として利用できます。

投資信託は100円から購入できるので、100ptあればポイントのみで購入することも可能となります。

 

楽天証券で取り扱うほとんどの投資信託を購入できますが、買い方は一括購入のみで、積立購入はできません。

 

楽天ブックスは品揃え200万点以上!

楽天スーパーポイントを運用

■永久不滅ポイントをお任せコースで「積立運用」

クレディセゾンは「永久不滅ポイント」を投資信託の値動きに連動するように「疑似」運用して増やすことを目指すサービスを用意しています。

 

安定的な運用を目指せるバランスコースや、積極的な運用を目指すアクティブコースなど4つの運用コースが選べ、証券口座を開く必要もなく手軽に始めることができます。

 

金融ベンチャーのお金のデザインは5月16日からNTTドコモの利用者やdポイントユーザー向けに、人工知能を利用して資産運用をアドバイスするロボアドバイザー「THEO+docomo(テオプラスドコモ)」の提供を始めました。

 

ロボアドを使ってためたdポイントなどを運用できる仕組みです。
――サービスの概要について。

「WealthNavi」で資産運用

 

NTTドコモのスマートフォン利用者と全国に6300万人いるdポイントユーザー向けにサービスを提供しています。

 

dポイントを提供する投資信託で運用すれば、運用成績に応じてポイントの残高が連動します。

 

本格的に資産運用を始めたいならば、スマートフォンでロボアドの『テオプラスドコモ』を活用します。

 

この場合、運用残高に応じてdポイントが付与されることになります。NTTドコモ回線利用者の場合は運用残高1万円につき月1.5ポイント、回線を持たないdポイントユーザーの場合は1ポイントが付きます。

 

日本では投資の勉強はしても、実際に運用しない人が多いです。いくら理論を学んでも実践なしに自転車には乗れないのと同じように、投資も実際に運用しながら理論を学ぶことが重要となります。

 

国内ではほとんどの人が何らかのポイントを持っていみす。ポイントでの投資であれば、運用が悪化して少し減ったとしても、心理的負担は現金に比べて軽減されるので、最初の一歩としては最適となります。

 

――今回のNTTドコモとの提携の意義は。

NTTドコモへのサービス提供は2016年から協議してきました。

NTTドコモは今回、『テオプラスドコモ』を導入するにあたり金融商品仲介業者として登録を完了しており、顧客に対して勧誘や推奨もできます。

 

『テオプラスドコモ』は単に、NTTドコモが手掛けるサービスラインアップの一つではなく、同社の金融ビジネスの主力サービスになるとされます。

 

2018年は多くのユーザーを抱える企業が金融ビジネスへ進出する異業種参入元年になると思っています。

LINEと野村証券、KDDIと大和証券が組み、ソフトバンクはワンタップバイを連結子会社にしました。

 

お金のデザインはNTTドコモと組むことで、ポイント投資という最初の一歩から、ロボアドを使った本格的な資産運用まで提供できるようになります。

 

――サービスが始まってからの手応えは。
お金のデザインの予想をはるかに上回るペースで、dポイント投資の利用者が増えています。

 

ポイントが資産運用のきっかけになること今回わかりました。さらに『テオプラスドコモ』も想定以上に利用者が増え始めています。

 

――今後の展開について。
7月からdカードを使って買い物をした際の『お釣り』を投資に回すこともできるようになります。

 

ロボアドで資産運用し、ためたdポイントを消費に回し、さらにその『お釣り』を投資に回すという循環もできます。

大切なのは金融サービスを利用者に押し付けることなく生活に溶け込ませていくことです。

 

例えば、『積み立てしなさい』といっても人はやりません。
一方、ロボアドは積み立て機能を初めから設定し必要ない人は外せるようにしていて、利用者の67.5%が積み立てを実行しています。

 

利用者が無意識のうちに正しい投資行動がとれるような仕組みが必要で、これをテクノロジーの力で生活に組み込んでいくのが、本当の意味でのフィンテックとなるでしょう。

 

【テクニック4】店頭バーコード決済で貯める

スマホのバーコードで払うとポイント2重取りすると、
楽天カードと楽天ペイアプリで支払うことで1.5%分のポイントがもらえます。

スマホに表示されたバーコードをレジでピッと読んでもらうと、支払いが完了するバーコード決済です。

 

そのひとつ「楽天ペイ」は、クレカや楽天スーパーポイントをひもづけて使うスマホアプリで、ローソンなどで使えます。

 

クレカのポイントに加え、決済自体でポイントがたまるので、支払いだけで2重取りすることができます。

LINEやドコモのバーコード払いでもポイントがたまります。「d払い」は楽天ペイと還元率は同じで、ポイントも支払いに使える点が便利です。

 

LINE Payは6月からコード決済でポイントがたまるサービスを開始しています。

LINEのLINE Payでは、アカウントにチャージした残高をローソンなどでのバーコード決済に使えます。6月からはバーコード、QRコード決済でもLINEポイントがたまるサービスが始まります。

 

NTTドコモのd払いでは、楽天ペイと同様に、店頭でバーコードを示すだけで設定したクレカでの支払いができます。

 

dポイントも支払いに使える。バーコード決済で200円の支払いにつき1ptのdポイントがたまります。

 

 

 

日々の暮らしをお得にする「お財布.com」1日10分からはじめられる!貯まるサービスたくさん!

お財布.comは普段のお買い物やサービス利用が
おトクになるサイトです。
貯めたお財布コインは現金
Amazonギフト券
Tポイントなどに交換できます。

多くの方にご利用いただいている理由 東証一部上場企業の運営だから安心! 250万人以上の会員数 1コイン=1円でわかりやすい 300円分から交換可能 業界最大級の広告数!

1日10分から簡単に始められる!
\\簡単1分 無料会員登録しよう♪//
簡単1分 無料会員登録

お買い物がおトクなショップ

お財布.com経由でお買い物すれば
お財布コインとショッピングサイトの
ポイントの2重取りができるから断然おトク!

充実のコイン交換先

\\今すぐおトクな生活をはじめよう♪//
簡単1分 無料会員登録