モナコイン一部消失 仮想通貨への新たな攻撃


仮想通貨「モナコイン」で資金消失が発生しました。

 

5月15日までに海外交換業者が攻撃を受け、ブロックチェーン記録が書き換えられたことが原因とされています。

 

これまで改ざんが難しいとされてきたブロックチェーン技術の死角が浮上しました。

 

モナコインは掲示板サイト「2ちゃんねる」で生まれた仮想通貨で、ビットコインや流出事件のあったNEM(ネム)などに比べ規模は小さいが人気の仮想通貨の一つです。

 

攻撃を受けたのは、ロシア発祥で現在は中米のベリーズ登記とみられる交換業者です。

 

モナコインが不正に移動した結果、1000万円程度の損失が出たとされています。

 

モナコインはビットコイン同様、中央管理者がいません。

 

取引データのブロックをチェーンのようにつなぎ、マイナーが高性能コンピューターを用いて複雑な計算を解き、仮想通貨取引を承認します。

 

マイナーは採掘したブロックをネットワーク上に公開、最も長いものが正式記録として残ります。

 

 

問題のマイナーはこの仕組みを悪用したとみられます。採掘済みのブロックを公開せずに採掘を続け、その間保有するモナコインを交換業者に送金して別コインに換えて出金しました。

 

直後に長いブロックチェーンを公開してデータを書き換えたため、交換業者に送金されたはずのモナコインは存在しないことになりました

 

 

モナコインはビットコインやイーサリアムなどに比べ採掘が容易な仕組みとされ、狙われた可能性があります。

 

参加マイナーが多い仮想通貨では起きないとの声もありますが、ブロックチェーン技術が悪用されたとすると仮想通貨の根本問題をはらむ可能性もあります。

 

 

ブロックチェーン技術は複数のコンピューターが取引を相互承認する仕組み。監視が働きやすく、取引履歴の改ざんは起きにくいとされてきました。

 

 

しかし「モナコイン」の資金消失はブロックチェーンの盲点をあぶり出しました。悪用されたのは仮想通貨でよく使われる「プルーフ・オブ・ワーク」という仕組みです。

 

ブロックチェーンの分岐が起きた場合に長いブロックが正式な記録として残り、短いブロックは無効になるのが柱です。

 

 

モナコインの資金消失では悪意ある採掘業者が秘密裏にブロックを作成し続けました。

 

この間に自ら保有するモナコインを交換会社のネットワーク上に送り、別の仮想通貨に換えました。

 

その直後に自ら作成して長くしたブロックチェーンを公開して正式な記録にすり替え、従来のブロックを無効にしました。

 

 

交換会社に送ったモナコインは存在しないことになり、ロシア発祥とされる交換会社「ライブコイン」に約1000万円の損失が発生したとされます。

 

 

1月にはずさんな管理体制からコインチェックで「NEM(ネム)」の巨額流出事件が起きました。今回のモナコイン消失では、ブロックチェーン技術そのものが標的になりました。

 

 

 




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です