相続時精算課税制度とは?


 

今回は、相続時精算課税制度についてご紹介していきたいと思います。

 

この制度は一体どのような制度かと言いますと

祖父母・親が60歳以上で子・孫が20歳以上の場合で、まとまった資金を数回または、1度に生前贈与を行う場合などに有効な制度となっています。

控除額=2,500万円   税率一律=20%

つまり、(贈与額累計-2,500万円)×20%となります。

 

 

相続時精算課税制度を選択する場合、贈与を行う年の1月1日において満60歳以上の祖父母・親、贈与を受ける年の1月1日において満20歳以上の子・孫であるなどの相続時精算課税の選択要件を満たしていることが必要大前提です。

 

ただし、これを選択すると暦年課税(従来の贈与)への変更は不可となります。また、贈与時の時価を相続時に加算して贈与税額を精算されるので相続時には税金が発生する場合があります。

 

相続対策にて「相続時精算課税制度」の活用も効果的な遺産分割のひとつとなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ファイナンシャルプランナーの無料相談実施中!!

 



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です