実損填補型の医療保険とは?


 

実損填補型保険

医療保険は幅広い年齢層から関心を持たれる保険です。

 

商品により特徴は異なりますが、ほとんどの医療保険・医療特約は入院や手術の有無による定額給付です。

 

しかし、これまでとは仕組みが違う保険もいくつか登場しています。

その一つが、実損填補型と呼ばれる医療保険です。

 

このタイプの医療保険はかつて、損害保険会社が販売していた医療費用保険をルーツとするものでした。

入院・手術ごとの定額ではなく、医療費の自己負担分を支払い限度まで実額でカバーする内容になっています。

 

定額給付型の医療保険の問題点

現在の医療保険は「入院1日当たり1万円」「手術1回につき10万円」のように保障内容によって定額の給付金が支払われます。

 

しかし、定額給付型の医療保険には問題点もあります。

 

医療費の負担がいくらになるのかは、実際に病気やケガをしてみなければわかりません。保障額をいくらに設定すれば医療費負担をカバーできるか判断できないからです。

 

生命保険文化センターの調査によると、入院時の1日当たりの自己負担費用は平均1万9800円だといいます。

 

定額給付型の保険では、入院給付金の保障額を少なく設定すれば、実際にかかる医療費には不足するかもしれません。

 

また、大きく設定すれば、保障過多の状態となる可能性があり、保険料が家計を圧迫することも考えられます。

 

実損填補型の医療保険とは

実損填補型の保険では、契約者が入院・手術などの定額の保障額を選ぶのではなく、医療費の自己負担額に対して保険金が支払われます。

 

 

実損填補型の医療保険の問題点

公的医療保険制度の対象になる医療費の自己負担分は補償されるが、公的医療保険制度の対象外となる入院時の食事代、個室や少人数部屋での入院時にかかる差額ベット代、先進医療などの費用については、基本的に補償されない点に注意してください。

 

ただ、これらの費用の補償は特約として用意されている場合もあります。(限度額の設定あり)

 

 

無料保険相談の【保険コネクト】

 

実損填補という言葉から、自己負担額の全額カバーのイメージを持たれるかも知れませんが、支払限度額や設定の仕組み、費用の種類によっては必ずしも全額補償されるわけではないことも確認が必要です。

 

現役時代などの一定期間のみ医療保険があればよいと考える人や、高額医療費の自己負担分をカバーできればよいと考える人には適していると思います。

 

実損填補型保険の商品数はまだ少ないですが、これまでの医療保険とは異なる内容に関心を持たれる人が増えていくことでしょう。

 

 



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です