ふるさと納税で節税!! その3


ふるさと納税についてご紹介していきましたが今回が最終回です。

最終回では「ふるさと納税ワンストップ特例制度」について説明していきます。

 

1.ふるさと納税ワンストップ特例制度とは・・・
確定申告の不要な給与所得者がふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄付控除が受けられる制度です。   

 

この特例の申請には、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内で、ふるさと納税を行う際に各自治体に特例の適用に関する申請書を提出する必要があります。

 

なお、5団体を超える自治体にふるさと納税を行った人や、ふるさと納税の有無に関わらず確定申告を行う人が控除を受けるためにはこれまで同様に確定申告が必要です。

 

ワンストップ特例制度の適用を受ける人は所得税からの控除は発生せず、ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う住民税はの減額という形で控除されるのでご注意ください。

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です