仮想通貨 LTC(ライトコイン)


今回は、仮想通貨のライトコインについてです。

 

ビットコインと仕組みと特徴は基本的に一緒なので簡単に説明していきます。

 

ライトコインとは:
ビットコイン(BTC)の次に歴史が古いと言われるメジャー仮想通貨

 

ライトコイン(LTC)は、金に対する銀のように、ビットコイン(BTC)のサブアセットとして使われることを想定して2011年10月に開発されました。

メジャーな仮想通貨の中ではビットコイン(BTC)の次に歴史が古いコインと言われています。

発行総量はビットコイン(BTC)の4倍で、8400万LTCとされています。

ビットコイン(BTC)のブロック生成時間は10分に調整されているのに対し、ライトコイン(LTC)のブロック生成時間は2.5分に調整されています。

 

したがって、ライトコイン(LTC)の取引はビットコイン(BTC)よりも4倍早く承認され、迅速な取引を行うことが可能になっています。

 

このようにビットコイン(BTC)が承認を10分以上待たなくてはならないという部分を補っていることが、ライトコイン(LTC)が銀と呼ばれる所以となっています。

 

メジャーな仮想通貨として初めてのSegWit導入

世界中でビットコイン(BTC)の取引ユーザーが増えていくにつれて、ビットコイン(BTC)の着金が遅くなるなどの「スケーラビリティ」問題が発生しました。

この問題は、ビットコイン(BTC)の取引を記録するブロックがすぐに一杯になり、ネットワークに取引が認証されるまでに時間がかかり過ぎてしまうことが原因でした。

そこで「スケーラビリティ」問題を解消するために2つの方法が提案されました。

それは、ブロックサイズを拡張させる方法と、取引データサイズを縮小させる「SegWit(セグウィット)」です。

ライトコイン(LTC)は、取引データサイズを縮小させる「SegWit(セグウィット)」をメジャーな仮想通貨で初めて導入することに成功したことで知られています。

 

ビットコインは送金が約10分の時間を要するの対し、ライトコインではこの取引承認時間が約2.5分と短く日常的な商品の購入に適していることがメリットとなっています。

 

ただし、最近は取引承認時間の短い仮想通貨も登場しているのでこの短さという優位性は失われつつあると言われています。

 

特筆することはないですが、どちらかと言えばマイナーコインのカテゴリーに入ると思います。仮想通貨の分散保有先として選択支の一つに私は入れています。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です