仮想通貨 XRP(リップル)


本日は、仮想通貨 XRP(リップル)についてです。

 

厳密に通貨ではなく「リップルラボ社が運営している決済システム」のことです。

 

どのような通貨かというと『仲介用の通貨』になります。

 

リップルとは:
「価値のインターネット」を目指した国際送金ソリューション

リップルは、アメリカに本拠を置く「Ripple, Inc.(リップル社)」が開発した、銀行間送金向けの総合的なソリューションです。

リップル社は、国ごとに異なっている決済プロトコルをグローバルで統合し、あらゆる「価値」をEメールや情報と同様に安価かつ世界中どこへでも動かせるものにすることを目標に活動しています。

 

仮想通貨「XRP」はビットコイン(BTC)などとは異なり民間企業であるリップル社が中心となって開発していることが特徴で、XRPの発行上限は1000億XRPと定められています。

 

圧倒的な送金スピードを実現するコンセンサスシステム

リップル社の仮想通貨「XRP」の最も注目される特徴として、ブロックチェーンを使用していない仮想通貨であることが挙げられます。

仮想通貨の多くがブロックチェーンに取引や送金のデータを記録して分散管理する一方、XRPはリップル社が独自開発した「コンセンサス・レジャー(Ripple Consensus Ledger)」という仕組みを使って取引データを管理しています。

この仕組みを使い「マイニング」作業をリップル社が信用する一部の「Validator」のみで行うことによって、他の通貨を圧倒する送金スピードを実現しています。

 

大手メガバンクもこぞって導入に動き出す

国際送金の世界では、手数料の高さや送金の遅さが長年にわたり悩みのタネとなっていました。

 

国際送金にリップル社の技術を使用することで、送金手数料は安くなり速度も向上することが期待されています。

 

その恩恵を受けるべく、日本国内でも大手メガバンクが導入に積極的な姿勢を示しています。

 

リップル社は各国の中央銀行とも積極的に共同実証を行っており、本格導入に向け世界中で前向きに検討されていると言えるでしょう。

 

例えば海外旅行に行くときに日本円からドルに変えると思いますが、通貨を両替するには時間と手数料がかかります。

 

そこで登場したのがリップルという決済サービスです。

 

今まで時間をかけていた面倒な作業がなくなり、リップルの決済サービスを使うことで時間もお金もかからなくなるため、現在大手の銀行がこぞってリップルの決済サービスに注目しているのです。ビットコインに較べ

 

・取引手数料が安い

 

・決済時間・送金時間が短い

 

・通貨同士の交換に利用できる

 

つまり、ビットコインの欠点を補完した通貨と言えるでしょう。

 

実際に価格は急騰しており、今後の将来性が期待できます。

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です