今回は相続時に発生する注意事項について解説していきます。

 

 

金融機関により多少手続きの方法が異なりますが、一般的な事例を紹介します。

 

 

●預貯金の凍結
「口座名義人が亡くなると、銀行が支払いストップをかけるために預貯金が引き出せない」ということがよくあります。
銀行は預金者の死亡を確認すると、それ以降の取引を行わないことになっています。そのため、例え相続人の申し出であっても預貯金は引き出せません。「遺産分割協議書」がまとまってから引き出しが可能となります。

 

 

●相続発生後「預貯金の引き出し」に必要な書類
・「遺産分割協議書」または「審議書」「決定書」・「遺言書」がある場合はその写し・各相続人の「印鑑証明書」・相続人全員の「戸籍謄本」・「預金証書」「通帳」「カード」など

 

 

●生命保険金の受取りに必要な書類
・死亡保険請求書・保険証券・死亡診断書・保険金受取人の印鑑証明書など

 

※金融機関、保険会社によって異なる場合があります。

 

 

FPに相談!【保険コネクト】