〜仮想通貨といかに付き合うか〜

 

 

フィンテックによって生まれた金融商品と言えるのが、ビットコインに代表される仮想通貨です。
この一年ほどで、ビットコインの価格は乱高下しながら大きく高騰しました。一種のバブルのような相場状況となっています。

 

ビットコインそのものはイノベーションによって生まれた便利な仕組みですので、今後もいろいろな形で使われることになると思います。

 

ただし、ビットコインの値上がりが続くかどうかは別問題です。
ビットコインの価格変動は仕組み上、避けることはできません。
国の通貨は、中央銀行が物価の動きに合わせて供給量をコントロールすることで、価値が乱高下することを抑制しています。

 

しかし、ビットコインは意図的にそういう仕組みを排除しているからです。



ビットコインの価格変動は金に似ています。
金の量は採掘によって増えますが、それが世に出てこない限りは総量は一定です。

 

 

金が欲しい人が増えれば価格が上がり、反対に売る人が増えれば値下がりします。
ビットコインもコンピュータの膨大な計算が必要なマイニングという作業でしか量を増やすことができず、供給量は少しずつしか増えません。

そのため、投機の対象になりやすく価格変動が激しいのです。

 

ビットコインが画期的だったのは、多数のユーザーのコンピュータで分散管理されるブロックチェーンという技術にあります。
これまでの金融機関のような大型コンピュータが不要なため維持管理や海外送金コストが安く、未来の決済システムと言われました。

 

しかしこれだけ価格変動が大きいと、一般の人が決済手段として使うのはリスクが大きく、使い勝手はよくありません。

 

一方、価格変動という点に目を向けると、変動性の高い金融商品の一つだと考えることができます。

 

ただし、仮に投資するとしても、金や投資信託、外貨建ての債券などと組み合わせて、ポートフォリオに組み込むくらいの利用が現実的と言えるでしょう。



 

確定申告で個人的にほしいものを買いました、経費として認められますか?

ビットコインに影響を受けて、民間の金融機関や各国の中央銀行からも仮想通貨を導入しようという動きが広がっています。

 

 

例えば、三菱東京UFJ銀行が導入しようと予定しているMUFGコインは、ビットコイン同様にブロックチェーンを使う仮想通貨になるようですが、銀行預金を裏付けとして1円=1コインで発行され価格変動はありません。

 

また各国の中央銀行で構想されている中銀デジタル通貨も既存の通貨と1対1で対応する仕組みと思われます。

 

これらは仮想通貨と言っても現金をデジタルデータに置き換えたようなものであり、価格が変動するビットコインとは別物と考えた方がいいでしょう。