給与天引きの恩恵


来月から新社会人として、働かれる方が多いと思います。そこで今回は給与から天引きされる所得税や社会保険料についてその必要性を解説していきたいと思います。

「桜の花と卒業証書を持った袴姿の女性」のフリー写真素材

税金は「公共インフラの利用費」

所得税などの税金は、図書館などの公共の施設や道路、社会で共有しているインフラを利用するための費用と考えるとよいでしょう。介護や医療などの社会保障費を補うためにも使われます。

給与明細にある「健康保険料」や「雇用保険料」などは社会保険料に分類されます。社会保険料は自分に万一のことが起こった場合のセーフティーネットとして役立ちます。健康保険や傷病手当金などです。

 

 

 

 

受けられる恩恵の価値を考える

例えば、月収額面20万円だと、所得税や社会保険料などで毎月計3万円以上が差し引かれることになります。3万円は多いですが支払うことで受けられる恩恵もあるので、その大切さを知ればより良い社会人生活が送れるかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です