この春から新社会人となり、勤務先から初めての給与を受け取る方も多いでしょう。ただ、給与からは所得税や社会保険料などが天引きされるため、手取りはかなり低くなってしまうことにびっくりされるでしょう。

 

 

さらに、額面が同じなら2年目以降はさらに天引きされる項目と額が増えます。

 

 

まず、給与や年収には「額面」と「手取り」があります。額面は初任給などとも呼ばれ募集要項などに記載されている「最も大きい金額」といえばわかりやすいでしょう。
手取りは額面から税金や社会保険料などを差し引いた金額で「銀行口座に入金される金額」と考えるとイメージしやすいですね。

 

 

1年目と2年目で天引き額の差を大きくしているのが住民税です。住民税は前年の収入をもとに計算されるため、通常は1年目では基準となる収入がないため差し引かれません。しかし、2年目からは1年目の収入を参考に税額が計算され新たに天引きが始まります。
2年目の時の方が手取りが少ないないんてこともありえます。

 

 

そこで、どうせ住民税を払うのなら少しでも自分にメリットあることの方がいいと思います。

 

 

 

その方法の一つに「ふるさと納税」があります。

詳しい方法については次回に解説させていただきます。

今すぐ知りたい方は⇩




 

 

ファッションから支援・ふるさと納税エフスタイル

 

「スナップ写真が好きそうな女子カメ」のフリー写真素材