自分で作ったの忘れてしまった通帳口座はありませんか?10年以上利用がない口座は「休眠預金」と呼ばれ、2019年1月から公益活動に使われることになりました。

 

基本的にその活動に使われた後も取り戻せますが一手間かかるので、身の回りに「休眠預金」がないか確かめるとよいでしょう。

 

金融庁によると、休眠預金は年間1200億円程度発生し、その内700億円近くが出金されずに残ります。

 

従来は金融機関の収入になっていましたが、2018年1月に休眠預金活用法が施行され、親のいない子供の支援や地域活性化といった公益活動に生かされることのなります。

 

2009年1月1日から10年以上、入出金などがない口座のお金は「指定活用団体」がまとめて「資金分配団体」に配り、NPO法人などの助成金として活用される予定です。

休眠預金になる口座は普通・通常預貯金・定期預貯金・定期積金など9種類で外貨預金・財形貯蓄など預金保険制度の対象にならない8種類は除かれます。

 

口座の残高が1万円以上だと、最後の取引から9年以上10年6カ月以内に金融機関から通知がきます。ただし、1万円未満の口座や引っ越しなどで登録住所と違う場合は受け取れません。

 

もし、休眠預金になり移管されると預金債権はなくなりますが、金融機関で手続きをすれば預金相当額と預金期間分の利子は受け取ることはできるので安心してください。

 

ただし、本人確認資料や当時の通帳や登録印鑑が必要となるため、紛失している場合さらにまたその紛失手続きが必要であるため、時間と労力がかかってしまいます。